【注意】『ヒグマ』は北海道に分布する大型の肉食獣です! 


ヒグマ(羆、緋熊、樋熊、学名:Ursus arctos)はクマ科に属する哺乳類である。ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇る。また、日本に生息する陸棲哺乳類(草食獣を含む)でも最大の種である。 学名はUrsus arctos(ウルスス・アルクトス)。Ursus
26キロバイト (3,473 語) - 2021年5月5日 (水) 09:52



ヒグマはツキノワグマよりも一回り大きく迫力が違います。

知床などに多く生息しており、私も一度知床には行ったことがありますが

まあ、普通にいますねw こえ~ですよ

夜はホテルからは出ないように注意されたり

クマがすぐそこにいるんだなと実感しましたね

ヒグマについて少しまとめてみたので娯楽程度に観てください




<関連する記事>



ヒグマと出会ったシロクマ親子、大気汚染の世界で見た幻覚……。おうちで無料鑑賞できる短編映画6選【アジア国際映画祭】
…、CGアニメ:8分17秒) 地球温暖化で故郷を追われた北極熊の親子。新たな住まいを探す中、ヒグマの縄張りに辿り着いた親子は彼らとの共存を試みる。編みぐるみの愛らしい熊の…
(出典:ハフポスト日本版)

石狩川沿いにクマ出没 札幌市北区では過去に目撃の記録なし…どこからやって来た? 北海道
…「30年住んでるけど初めてですね」(住民)  「学生課からメールが来た。ヒグマが出たので注意してくださいと…」(大学生)  その後、今月1日と3日にも…
(出典:HBCニュース)